iphone と Wi-Fi

YouTubeで接続時の状態がみれます。

△TOP

0、私のプロフィール

福岡県福岡市在住のオヤジです。やっぱり故郷はいいなぁ。

その昔は大手コンピューターメーカーのSEを拝命していた時期もあるのですが、とっくに忘れてしまいました。メーカーが独自OSを開発していたよい時代でした。残業代山ほど稼いで・・。マンション買いました。女運が悪く離婚。その後、フリーでお気楽人生満喫。

歪んだバブル時代を経験。その後、食品メーカーの工場管理を経由して、自前でカレーショップを経営するも破綻。中国企業とのソフト開発も経験するが、あっさり、レストランの営業に転身、3年勤務した後に退職。

現在は、諸国行脚の旅に出る準備中。ご意見、ご感想はこちらに。

hirofumi257@gmail.com                    平成22年07月31日

△TOP

1、はじめに、

img03.jpg最近、WiFiが盛り上がっている。ソフトバンクのCMでもSMAPが盛んに宣伝している。今回、僕のiPhoneを「バッファローWLI-UC-GN」を利用してWiFi接続に成功したので報告する。今頃?で申し訳ない。^^
大した作業ではないのですが、製品レビューを見てみると、結構、つながらなくて不評を買っている様です。
対策としては、ネットから最新のドライバをインストールする事と、Wireless Zero Configurationのサービスを起動させる事だと思います。

△TOP

2、Wi-Fiとは

Wi-Fi(ワイファイ、wireless fidelity)は、 Wi-Fi Alliance によって無線LAN機器間の相互接続性を認証されたことを示す名称、ブランド名。WiFi などとも表記される。

最近では、当初想定されていたノートパソコンなどのモバイルコンピューティング機器のLocal Area Network以外にも、ニンテンドーDSやPSPといった携帯ゲーム機や、PASSAGE DUPLE等のVoIP搭載携帯電話、音楽プレイヤー、デジタルカメラ等の家電製品にも搭載されている。

更に、二次電池などを内蔵した小型のアクセスポイント「モバイルWi-Fiルーター」製品が出現し、Wi-Fiの弱点である面的なエリアカバレッジを補完するソリューションが拡がりをみせている。

△TOP

3、iphone と Wi-Fi

iphoneにも、WiFiは搭載されており、マクドナルドなどのホットスポットで利用できる。
実際に、iphoneを利用するとWiFiの重要性がわかるのだか、
WiFi接続でしか出来ない事。
1、アプリの更新
2、flickrなどのサイト利用
3、skype
筆者の場合、無知だったので、マックに食事に行った折に、iphoneアプリの更新や、flickrへの写真データのアップロードなどを行っていた。また、skypeのチャット等も実験的に行ないその有用性を認識していたのだが、わざわざskypeを利用するためだけに、マックに行くのもありえない。

そんな時存在を知ったのが、バッファローWLI-UC-GNである。たしか、iphoneのサイトで便利さが謳ってあって価格も2000円以下でヨドバシカメラで購入した筈である。

自分の部屋にホットスポットがやってくるなんて素敵ではありませんか。

ところが・・・・説明書通りにセットアップし、めでたくiphoneに扇マークのWi-Fi接続中の表示がでるものの、アプリの更新できない、flickrの写真データのアップロードできない・・と言う芳しくない結果になり、しばらく放っておきました。ただ、他のノートパソコンはWi-Fi接続ができ、普通に無線LAN接続状態でネット接続できました。

それで、結局、iphoneがなぜ自分が思った動きをしてくれないのか解らないまま時間が過ぎていきました(ただ単に忘れていたとも言う)。

もとSEがこのザマです。一般の文系の方が、こう言う作業がすんなりできるのか?常々疑問に思っております。何かにつけ世の中が高度複雑化してしまったのは否めない事実だと思います。

普通の事にテクニックが要求される様な・・・まったく状況がわからないのに空気読めだの・・・超便利なのに、生きにくい様な、変な感じがします。

△TOP

4、イー・モバイルのPocket WiFi

100円パソコンで注目を集めたイー・モバイル。今度はPocket WiFiで攻勢をかけてきた。ビックカメラ店頭で販促をやっていたので、8月まで無料お試しキャンペーンを利用する事にした。

この製品、単体で、WiFiがパーソナルに利用できるという優れもの。PCやゲーム機、そして、iphoneを代表とするスマートフォンが5台も同時接続できてしまう。そんなに速度を追求しないなら、今までの光なんとかを解約してPocket WiFiに乗り換えるのも選択枝になると思います。

ここで思い出したのが、私が購入し放ったらかしにした「バッファローWLI-UC-GN」。

あれ?そういえば、WiFi接続する為に買っておいたよなぁ。バッファローWLI-UC-GN。

どこにいったのだろう?そうそう、大掃除の時、掃除機に吸い込まれそうになったのを、ちゃんと確保しておきました「バッファローWLI-UC-GN」。

△TOP

5、ネットで検索 対処法を探す

ネットで探せば、自分と同じように悩んでいる人は必ずいる筈。色々チェックするうちに下のブログを見つけた。

http://www.dozlog.com/wli-uc-gn/
全文を以下に転載する。

--------------------------

バッファローWLI-UC-GN+iPhoneを一発設定!

Windows環境において、iPhone+USB無線LANコネクターのセットとして余りにもこの商品のクオリティが良いので、備忘録まで。
一発OKでWiFi接続が出来るセット(の可能性が高い)流れとして記載しています。あくまでも「順序」が大切ですのでお間違いなきよう...
-
1.いきなり商品付属のCDのドライバをインストールするべからず!
CDに収録されているドライバは古いことが多いです。WEBからドライババージョンを最新のものを探してダウンロード&インストールしてください。
ちなみに、10/02/04現在、ヨドバシカメラで買ったパッケージに入ってきたドライババージョンは「1.02」、WEB上のものは大幅にバージョン アップしており「2.01」。ちなみに1.02だとiPhoneとのリンクは難がある。接続しても扇しか出ないなどのエラー状態に陥る。iPhoneは当 然、バッファローが進めるワンタッチ無線LAN接続の規格である「AOSS」には対応していない。
2.最新のインストーラーに従って、コネクタの着脱!
インストール始めるときは基本付けていてもそうでなくてもOK。インストーラーが外せと言ったらはずし、つけろと言ったら付ければOK。ちなみに僕は付けてインストール臨みました。
3.インストールが終わりタスクバーのソフトウェアルーター.exeを起動!
こ のソフトウェアルーターアイコンを右クリックでオプションを選択。最初はSSIDが「WPA-PSK AES」が選択されていると思います。セキュリティレベルはこの中では最も良いのでこのままでGO。ちなみに、ここに記載されている文字列はiPhone でみえるものなので、分かりやすくかつ、ちょっとそれらしい名前にしておいた方がいいかもです(iPhoneの設定>Wi-Fiで調べれば"それらし い"ってのがわかるかと思います)。
その後、下の「キー」をなんかしらの手段を講じて保存しておきましょう。コピペできる感じだと間違いもなくて安心かもです。そして必ず「OK」ボタンを押しましょう。このOKボタンが言わば「決定・設定保存」となります。
4.コネクターを接続したままで、デバイスマネージャーで設定変更!
スタートメニュー
→マイコンピュータを右クリックでプロパティを選択
→ハードウェアを選択
→デバイスマネージャを選択
→ネットワークアダプタを選択
→BUFFALO WLI-UC-GN Wireless LAN Access Pointを右クリック
→詳細設定(タブ)を選択
→Auto Channel Select を Disable(不可)へ変更。※これ以外は今回はいじらないこと。通信速度が遅くなるなどした場合はChannelの数値を変える事はできます。
5.PCを再起動
6.PCが立ち上がったら、いよいよiPhoneで設定のWi-Fiから"3"で設定したSSIDを探す!
タップするとパスワードの入力を求められるので、間違わないように。※ちなみに僕はアプリ「Wifi Trak」を使っているので、こちらでも設定し「つながる」SSIDとパスワードセットを記憶させています。僕の印象だと本体のWi-Fi接続設定は若干 弱い!?ように感じており、Wifi Trakはこじ開ける感を持っています。
7.完了!おつかれさまでした!
Wi-Fi生活をお楽しみください。
-
と、ここまで順調に来た方はOK。残念ながらつながらなかった人は、番外編の"8"を用意しています。
-

8.Wireless Zero Configuration(無線LANが出来るかどうか)をチェック
スタートメニュー
→マイコンピュータを右クリックで管理を選択
→サービスとアプリケーションを選択
→右画面に出るサービスをダブルクリック
→下へスクロールし、Wireless Zero Configurationの状態が「開始」になっているかどうかチェック。「開始」になっていない場合はダブルクリックし、「スタートアップの種類」を「無効」から「自動」に変更。
→同じウィンドウ内下付近にある、「サービスの状態」で「開始」を選択。開始すると一瞬ゲージのミニウィンドウがでますが、自動的にすぐ消えます。そして「OK」。
これ以降は"5"に戻って、再起動からやり直してください。
ここでもつながらない場合は、配線などを確かめてみましょう。
ちなみに、iPhoneの通信速度測定アプリ「Speed Test」でチェックしてみたところ、
Download:11.75Mbps
Upload:17.25Mbps
でしたとさ。
備忘録まで
--------------------------

△TOP

6、再インストール

付属CDではなく、ネットで最新のドライバを入手する。ここポイントですね。
上記の対処法の項目8まで実行しました。結果、無事に、iphoneで、Wi-Fi接続でき、更に、思った通りの機能を使える様になりました。

1、アプリの更新はまだしてません。
2、flickr・・・すごく速いです。お気に入りの写真をflickrに登録しておけば、お気楽に楽しめます。
3、skype・・・ソフトバンクのただ友は21時まで!それ以降はskypeの出番です。skypeなら無料通話をいつでも楽しめますよ。僕が一番重宝するのはskypeですね。iphoneなどのスマートフォンがトランシーバーに変身する様な感覚です。Wi-Fi接続できてskypeが動いて、マイク、スピーカーが装備されていれば、iPod touchも通話可能な筈。これは楽しいですよ。きっと。キャリア不要で楽しく会話。

めでたし、めでたし。

△TOP

7、別の伏線

実は私は、8月末からアメリカ大陸横断旅行に出かける事になっておりまして、現地での通信環境をどうしようかと思っておりました。そこへ登場したのが、テレコムスクエア提供の、データー通信カード、海外用モバイルデータ通信レンタルサービスです。

これ利用しようと思っています。

ならば、日本国内でWi-Fi接続を試さない手はないよな。・・・こんな感じで、バッファローWLI-UC-GNの接続も本気で頑張ったわけです。

さて、イー・モバイルのPocket WiFi接続ですが、別のサイトでちゃんと接続できるか試してみます。^^どうなるでしょうね。

iphoneのキャリアはご存知ソフトバンクですが、iphoneを海外に持って行ってローミング接続で利用するとそら恐ろしい料金を請求されるのが有名な話となっています。ところが、現地で定額でWiFi接続できるなら問題は一挙に解決するではないですか!ここは是非とも海外でもWiFi接続でネット接続して情報を収集したり、アップしながら移動したいものです。

さてさて、私の海外旅行も別サイトとで報告しますよ。

△TOP

Copyright (C) バッファローWLI-UC-GN All rights reserved.
Powered by Movable Type 4.21-ja